向いている人について

未分類

向いている人コールセンターには向いている人、向いていない人がいます。自分の性格と比べ、向いている人は是非、コールセンター専門の人材紹介サイトを利用してみましょう。まずある程度、想像力があることも大切です。お客さまの伝えたいことを、想像力を高めて理解する努力ができることがとても重要となります。また臨機応変に対応できる柔軟な頭も必要です。一つにこだわらずに柔らかい頭で、お客さまの電話を聞くようにしましょう。またお客さまの言い方や声の雰囲気で、感じの悪い場合や、怒って電話をかけてくることもあります。どのような言い方であっても、広い心で受け入れることが出来なければなりません

また性格的に前向きで、気持を切り替えることができる人が向いています。やはりお客さまは横柄な態度などの場合もあり、対応しながらストレスを感じることも。またひどいことを言われてしまう場合もあります。そんなときにも、それを引きずらずに明るく前向きに、気持を切り替えることができることが大切です。またお客さまに押しつけるようなことを言わずに、あくまでもお客さまを主体に考えた言い方が必要であり、相手に合わせることも大切となります。そして相手の気持ちをくんであげることで、感情を落ち着かせる必要も出てきます。お客さまは興奮したり、焦っていることも多く、まず冷静に落ち着かせる話術も必要となります。一度、コールセンターを始める前に、体験談やコラムをチェックしてみてはいかがでしょうか。コールセンターの仕事について雰囲気でもつかめることでしょう。

メリットとデメリット

未分類

メリットデメリットコールセンターは豊富な求人があります。そしてコールセンターでのバイトなどは、専門的なスキルを身に付けることができるものもあります。ただしこの場合は商品やサービスなどについての知識を勉強する講習などを受けることが必要となる場合がほとんどです。採用した後1~2カ月しっかり研修を行う会社もあります。また調査やアンケートなどの場合は、逆にあまり専門性を必要とせず、とても楽な仕事なので、ストレスが少ないというメリットもあります。そのためこのタイプのタイプなら、基本的なコミュニケーション能力があればできるところもメリットです。また直接お客さまに会う仕事ではないので、服装や髪型など自由な場合がほとんどです。その上シフト制が多く、思ったような時間に働きやすい業種でもあります。

しかし逆に一般の販売や飲食業のように短期間バイトでもOKというものが少なく、できるだけ長期バイトの希望が多いので、短期バイトを望んでいる人にはデメリットかも知れません。またコールセンターでもトラブルや修理、質問など、さまざまなお客さまからの応対をしなければならないタイプの仕事は専門性が必要となり、専門的な知識が得られるというメリットでもあり、反面知識を得ることが必要だというデメリットにもつながります。人材紹介を利用するときにも、自分がどのようなタイプのコールセンター業務が合っているか考え、合った内容の仕事を紹介してくれるところを利用しましょう。

コールセンターのバイト

未分類

コールセンターコールセンターで働いてみたいと思っているも意外と多いものです。そこでコールセンターのバイトについてのご紹介です。コールセンターのお仕事には自分から電話を掛けるアウトバウンドと、お客さまからかかってくる電話に応対するインバウンドという2つのタイプに分かれます。顧客に何かを連絡したり、セールスをしたり、見込み客にセールスしたり、契約の申込みや商品を購入したお客さまに対してのアフターフォロー、新サービスやキャンペーンの案内、各種アンケートや調査、お礼などが主になります。しかし自分から電話を掛けるのはとても勇気が必要です。事前の研修によって商品やサービスの知識を知っておくこと、相手がこう言ってきたらこう返すなどのトークもしっかり覚えられるので、研修がしっかり行われる業者を選ぶようにしましょう

またインバウンドは、お客さまから掛かってきた電話の応対をするわけですが、いろいろな内容があります。例えばカタログ通販の受注、予約受付、商品、サービスに関する問い合わせなど。また、商品や技術、サービスなどの知識がないと対応出来ないトラブルや苦情、質問などの応対もあるので、初心者はあまりお勧めできません。もちろんマニュアルもあるので、それを見ながら応対することもできますが、それだけで焦せってしまうようなタイプの人には向いていないのではないでしょうか。コールセンターのバイトを選ぶときには、この2つのどちらが中心かチェックすることも大切です。